リアルに使われる日常英会話辞典です。

リアル日常英会話辞典

あ行

うんの英語の言い方6パターン! 使い方や例文も紹介!

更新日:

「うん」と言う英語の言い方をいくつ知っていますか?

皆さんは外国の方と話すとき”Yes"だけをつかわれていませんか?
ネイティブのかたは”Yes"だけを使うわけじゃないんです。

この記事では「うん」の英語の言い方6パターンとその使い方について説明していきます。

うんの英語の言い方6通り!

1.Yes.

はい

2.Yeah.

うん

3. Yup.

おう/うん

4.Sure.

うん、いいよ

5.Go head.

もちろんいいよ

6.I'd love to.

ぜひ

7. uh huh.

うんうん

8.Right.

うん、そうだね

うんの英語のシーン別使い方

そこまで親しくない間柄だけどカジュアルに使う場合

  • Yes.
  • 「はい」

  • I'd love to.
  • 「ぜひ」

  • Sure.
  • 「うん、いいよ」

  • Right.
  • 「うん、そうだね」

これらのフレーズは、そこまで親しくないけど同世代の方などに対しカジュアルに使えるフレーズです。

“I'd love to”とは、例えば”Whould you like to~”と聞かれ”I'd love (like) to”と答えると、「ぜひお願いします」や「ぜひ~したい」と言う意味になり、”Yes"を言わなくても答えることができます。

友達やカップル、親しい間柄で使う場合

  • Yeah.
  • 「うん」

  • Yup.
  • 「おう/うん」

  • Sure.
  • 「うん、いいよ」

  • Go head.
  • 「もちろんいいよ」

  • uh huh
  • 「うんうん」

  • Right.
  • 「うん、そうだね」

これらのフレーズは親しい間柄で良く使われるフレーズです。
“Yeah”や”Yup”は”Yes"を崩したもっともカジュアルなフレーズでビジネスの場で使われることはほぼありません。

Sureは「どうぞ」という意味もあり、ビジネスでもカジュアルでも使えます。

また”Go head"は例えば、「これ飲んでいい?」と聞かれ”Go head"と答えると「うん、いいよ」と言うニュアンスになります。

uh huhは日本語で言う「うんうん」みたいな感じで相槌によく使います。

Rightは「そうだね。」「その通りだね。」と言う感じで「うん」よりも強く肯定感を出したいときに使います。

”Yes”, ”Sure”が実際に使われているリアルな例文を紹介

ゴシップガールシーズン2-3

ブレアは王子様と付き合っていて、ネイトはその王子様の母親と関係を持っているが、実はバネッサが好きでどうにかしたい。
ブレアは彼氏の母親から、二人をパティーに連れてくるように頼まれる。
二人の”Yes””Sure”の使い方に注目です。

 

Nate

Blair,why are you really here?you can't stand Venessa. What's in it for you?
「ブレアなんでここに来た?お前はバネッサの敵だろ?なんでだ?」
 
Blair
I won't let you have an affair with my boyfriend's mother.
「あなたが私の彼氏のお母さんと不倫するのを止めたいの」
 
Nate
you 're distracting me with Venessa?
「バネッサを使って俺の気をそらせたいそか?」
 
Blair
Yes. What about it?
「うん、そうよ。それが?」
 
Nate
As your plans go, it's kind of nice.
「その計画が成功したらくいったら、結構いい線かもな。」
 
Blair
Uh, don't be offensive. From what I just saw, if you wanna keep her......you're gonna have to step it up. So I can look forward to seeing you tonight?
「とりあえず、つっかからないでよね。それにさ、あなたたちの見た感じ、あなたが彼女と付き合いたいなら次のステップに行かなくちゃいけないじゃないの。だから今夜来てよね?」
 
Nate
Sure, we'll be there.
ネイト:「うん、分かった。二人で行くよ。」

-あ行

Copyright© リアル日常英会話辞典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.