リアルに使われる日常英会話辞典です。

リアル日常英会話辞典

か行

混乱したの英語の言い方5通り! 使い方や例文も紹介!

更新日:

「あれー? 私、混乱しているみたい」
「それは難しいわね。。」

英語がわからないとかそういう問題ではなく、人と人との会話の中でずっと理路整然と話せる人っているでしょうか?

あるいは、相手の言っている意味を間違えて受け取りながら会話が進んでしまい、その間違いに自分で気づいたとき。あなたなら、何と言いますか?

「私、混乱してた。そういう意味だったのね」

母国語同士の会話でも、相手の言う意味を完全にとらえるのは難しいでしょう。

コミュニケーションでは誤解はつきもの。

誤解を恐れず、そして誤解をうまく解きながら円滑な人間関係を維持していくためにお勧めしたい言葉は、「混乱していた!」です。

謝るほどでもないけど、会話の流れをちょっとだけ相手に合わせて修正したいときや、もちろん自分のミスをごまかす時にもの使えます。

混乱したの英語の言い方5通り!

1.I’m confused.

混乱している。

2.I’m getting mixed up.

こんがらかってきた。

3. It’s so complicated.

それはかなり難しいよ。

4.I’m puzzled.

考えちゃう。

5.I just freaked out.

混乱しちゃってた。

混乱したの英語のシーン別の使い方

混乱したときのお決まりのフレーズはこれ!

[ul]I’m confused.
It’s so confusing.[/ul]

confuseは、一番応用がきく「混乱している」です。上はIを主語にしているのでconfused(過去分詞)、下はItを主語にしているのでconfusing(現在分詞)を使います。

どんなケースでもあなたが混乱さえしていれば使えちゃえます。

(だんだん)混乱してきたといった状態を表したいときは、
[ul]I’m getting confused.
It’s getting confusing.[/ul]

のように、getting を入れるとよいでしょう。

さらに
[ul]I’m getting confused because ~.
It’s so confusing since ~.[/ul]

など、becauseやsinceの後に、あなたが混乱している理由を述べてあげると、相手も答えやすくスムーズな会話になるでしょう(理由にもよりますが。。。)
 

難しい話をしている時

[ul]I’m getting mixed up.[/ul]

このフレーズは、話の中身が難しくて「(頭の中がごちゃごちゃになって)混乱してきた」とか「こんがらかってきた」というニュアンスがあります。

I’m getting confusedでもおかしくないですが、こちらのほうが、頭がよりごちゃごちゃでこんがらかって、困っている感じがでます。

たとえば難しい話をしていているときに、途中で話をいったん止めて、今までの話の内容を相手に確かめてから、次の会話を進めたい時などありませんか?

私の場合、数学の授業を聞いているとき、心の中でいつもこれを叫んでいました。
そんな時に限って先生に質問されます。

私が一応答えてみると、

  • It’s wrong. Are you mixed up?
  • 間違えているね。混乱しているんじゃない?

このように、相手が自分の話を理解していないと思ったときにも使えますね。
言われた相手はカチンと来ているかもしれませんが、あえて使ってみるのも悪くありません。

mix upは能動態で使うと、「(混乱して)間違えちゃった」という意味で使えます。

  • I mixed up the appointed time.
  • 約束の時間を間違えた。

これは、「時間を混ぜ合わせた」の意味ではないですから、くれぐれもご注意ください。

[ul]It’s so complicated.[/ul]

このフレーズは、混乱しているときに「それは複雑だね」「難しい問題だな」という意味で使います。

考え込んだ顔をしながら使うと、このフレーズを2回ほど唱えると、それらしく聞こえて、ひょっとすると賢い人に見えるかもしれません。
 

混乱して困ったとき

[ul]I’m puzzled.[/ul]

これは、混乱してどうしようもなくなって当惑している、困ってしまったと意味に近いです。あなたが困ってしまって考えこんでしまった時のフレーズです。
 

ちょっとポップな「混乱している」

[ul]I just freaked out.[/ul]

アメリカの映画やドラマを見ていると、頻繁に出てくるフレーズです。
freakは動詞で(異常に)興奮するという意味ですが、名詞では「奇人」や「熱狂者」という意味があります。

日本語でも「私は、〇〇フリークなの」というように使ったりしますよね。

あのフリークを動詞で使うと、「マジ、パニくった!」のような若者同士で使うちょっとカジュアルな「混乱している」になります。

もともとの意味が意味だけに、大騒ぎしながら使います。

それでは次で、freak outが使われている場面を見てみましょう。

混乱しているが使われているリアルな例文を紹介

オレンジ・イズ・ニュー・ブラック シーズン1エピソード2から

パイパーは婚約中であるというのに、過去の過ちによって麻薬の密売事件に巻き込まれ刑務所に収監されてしまった。刑務所に入ったとたん、パイパーは女囚人の中のボスににらまれてしまい兵糧攻めにあってしまう。空腹に耐えかねたパイパーは、看守の部屋で他の刑務所に移送してもらうように涙ながらに頼むシーン。

 

パイパー

I have to go to another prison. A different one. You have to move me.
別の刑務所に行かないといけないの。違うところに・・移送して。
 
看守
Like this is the Radisson and you don’t like your room? Why?
ここはラディソンホテルかい? 部屋が気に入らないのか。理由は?
 
パイパー
Why isn’t this the Radisson? 
理由?
 
看守
Why do you need to be move? Did someone try to engage with you… sexually? Tell me what happened out there.
なぜ他の刑務所に移送してほしいんだい? だれかが君に、何かしようとしたのか、その性的に・・ここで起こったことを話してごらん
 
パイパー
It’s fine. I just freaked out. I’ll be fine.
大丈夫。ちょっと私、混乱しちゃったみたい。 そうね、きっと大丈夫よ。
 
看守
I’m sure you will.
君ならきっと大丈夫だよ。

-か行

Copyright© リアル日常英会話辞典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.